モルタル造形でおしゃれな外壁に!メリット・デメリットをチェックしよう

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/25

職人が11つ手作業で仕上げるモルタル造形。モルタル外壁は自由度が高く、おしゃれなデザインが施せるとして人気です。今回は、モルタル外壁の基礎知識として、モルタル壁の種類や特徴、モルタル外壁のメンテナンスについてご紹介します。相模原でモルタル外壁のおしゃれな家を建てたい方は、ぜひチェックしてみてください。

モルタル造形とは?

最近では、工期が短く簡単に設置できるサイディング外壁の住宅が増えていますが、おしゃれな家や個性的な家を建てたい方からは、モルタル造形の外壁が根強い人気を誇っています。

相模原でも、こだわりの詰まった家では、モルタルの外壁であることが少なくありません。モルタル造形とは、セメントと骨剤(砂)に水を加えて作ったモルタルを使い、職人が1つ1つ外観を作り上げる技術のことで、既製品にはない味のある外壁が作れるのがポイントです。

モルタルは不燃性の材料を使っているため防火性が高く、通気性もあり、日本の建築物におすすめの外壁材といえます。自由にデザインできることから、一般住宅の外壁はもちろん、テーマパークなどで見かける木や石を使ったアンティーク調の外壁や、人気の北欧デザインのレンガ風外壁などもモルタル造形で作られていますよ。

モルタル壁の種類と特徴

ひとくちにモルタル壁といっても、一般的によく使用されるものには、いくつかの種類があります。こちらでは主な種類とその特徴をご紹介しましょう。

リシン仕上げ

「リシン仕上げ」は、モルタル外壁のなかでもっともポピュラーなタイプです。モルタル塗装のあとに、砂利や樹脂製塗料などを混ぜたリシン材を吹きつけて仕上げます。見ために落ち着きがあり、温かみのある外壁にしたいときにおすすめです。

比較的安価ですが、日陰や湿気の多い場所ではカビやコケが発生しやすいのがデメリット。ひび割れのリスクがあるため、長くきれいな状態を保つには、定期的な状態チェックをおすすめします。

リシンかき落とし

「リシンかき落とし」は、リシン仕上げのあとに、ブラシや剣山などで表面を引っ掻いて仕上げます。リシン仕上げよりも費用がかかりますが、通気効率が上がるため、外壁が長持ちするのがポイント。重厚感のある外壁が好みの方にぴったりです。

スタッコ仕上げ

セメントや合成樹脂、骨材などを合わせて作るスタッコ(化粧漆喰)を吹きつけて仕上げる手法は、「スタッコ仕上げ」と呼ばれます。外壁に厚みがあるためヒビが入りにくく、耐久性のある外壁が作れます。高級感のある外観が特徴ですが、表面の凸凹に汚れが溜まりやすいため、定期的にメンテナンスを行うのがおすすめです。

吹きつけタイル

タイルガンという、専用の機材で塗材を吹きつけて仕上げるのが「吹きつけタイル」です。陶器のような滑らかな表面に仕上がるのが特徴で、防水性も高めです。丸い粒状の凸凹を残した中粒仕上げと、コテやローラーで表面を平らにした押さえ仕上げの2種類があります。表面に立体感があり、独特の風合いで人気があります。

左官仕上げ

「左官仕上げ」は文字通り、職人が左官コテで模様をつけながら仕上げるもので、好みや雰囲気に合うさまざまなデザインが選べるのがポイント。おしゃれな外壁やオリジナリティのある外壁に仕上げたい方には、左官仕上げがおすすめです。ひび割れを起こしにくい仕上げ材もあり、長くきれいな状態が保てます。

おしゃれな家づくりにおすすめのモルタル造形

モルタル外壁は、職人がひとつひとつ手作業で仕上げていくため、デザイン性が高く、住まいの外観にこだわる方におすすめです。

モルタル造形は、カービング(彫刻)を施すことも可能で、石積みに見える壁や木材をはめ込んだように見える壁など、外壁におしゃれなアクセントを加えることもできます。欧米のアンティーク調の家やまるで映画のセットのような雰囲気のある外観の家なども、モルタル造形なら作れるでしょう。

相模原には、たくさんのモルタルの外壁施工を行なっている業者がありますが、モルタル造形は職人の技術が必要になるため、実績や口コミなどをチェックして、信頼できる施工業者を選ぶことをおすすめします。とくに彫刻性の高いものは、職人のセンスが問われるため、しっかりと打ち合わせをしてイメージを共有することが大切です。

モルタル外壁の劣化とメンテナンス方法

モルタル外壁は、正しくメンテナンスしていれば、30年以上の耐用年数があるとされています。モルタル外壁の主なメンテナンス方法は、外壁塗装と部分補修で、範囲や深度が深くなるほど大掛かりになり、外壁塗装業者への依頼が必要です。こちらではモルタルに起こりやすい劣化の例をご紹介します。

カビやコケが生える

日陰や湿気が溜まりやすい場所では、カビやコケが生えることがあります。中性洗剤を含ませたやわらかいスポンジで軽くこすって落としましょう。広範囲やスポンジでこすっても落ちない場合は、外壁塗装業者へ依頼して再塗装することをおすすめします。

チョーキング

塗膜の防水性が下がって水分含むほか、紫外線によるダメージの蓄積などで起こるのがチョーキングです。壁を触ったときに白い粉が手につくようになったら、メンテナンスが必要なサイン。外壁全体に起こっている可能性が高いため、プロへ外壁塗装を依頼しましょう。

クラック

外壁に起こるひび割れをクラックといいます。ひび割れが短く、幅0.3mm以下、深さ4mm以下程度のヘアークラックと呼ばれる状態であれば、DIYでも補修できます。幅が広くなったり深くなったりすると、外壁塗装業者へメンテナンスを依頼しましょう。

クラックは、放置するとひび割れから雨水が入り、構造を傷めてしまうことも。早めに対処することおすすめします。モルタルの剥がれも同様に、雨水が入る可能性が高く、放置は危険です。

 

モルタル外壁はデザイン性が高く、防火性や通気性の面でも、日本の家にぴったりな外壁です。定期的なメンテナンスをすれば、耐用年数が長いのも嬉しいポイント。相模原でモルタル外壁の家を検討している方は、施工の際に、アフターフォローのメンテナンスにも対応している外壁塗装業者を選ぶのがおすすめです。外壁塗装業者としっかり打ち合わせをし、理想のモルタル外壁を実現してください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

定期的に行う外壁塗装ですが、塗装に関する予備知識や経験がない以上「イメージと違う」「ご近所と比べて浮いて見える」など、意外と失敗してしまう人が多いのが現実です。最も多い塗装の失敗は色選びに関

続きを読む

外壁塗装は定期的に必要なメンテナンスですが、決して安くはありません。およそ10年に一度工事を行いますが、一般的な二階建てで80~150万円もの費用が発生するといわれています。どうにかもっと、

続きを読む

株式会社鈴木塗装 住所:〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名4611-3 TEL:042-810-8360 電話受付:9:00~18:00 定休日:日曜日 いつまでも美しい外観を保

続きを読む

株式会社千葉総建 住所:〒252-0316 神奈川県相模原市南区双葉1-8 TEL:0120-72-1152 受付:9:00~18:00 定休日:年中無休 住宅の外壁塗装を行うことは、住宅の

続きを読む

株式会社首都圏ハウスメンテナンス 住所:相模原市中央区水郷田名3-26-25 TEL:042-761-0023 電話受付:9:00~17:00 外壁塗装は住宅の見た目が美しくなるだけでなく、

続きを読む

家は完成時点をピークに少しずつ老朽化が進んでしまいます。そして常に太陽の熱や雨、風にさらされている外壁塗装は、年々老朽化していくものです。そのため、外壁塗装は10年に一度のメンテナンスが推奨

続きを読む

住宅の外壁は、建物本体を美しくみせるだけでなく、家の中の快適な暮らしを守る重要な役割を果たしています。しかし、外壁は老朽化が進んでいくと塗装が剥がれてしまうもの。そのため、定期的なメンテナン

続きを読む

家の外壁は、建物を美しくするだけでなく、耐久性や省エネ性能の向上にも効果があります。ただし、太陽の熱や雨、風にさらされている外壁は、10年に一度を目安に塗り直す必要があります。しかし、塗料の

続きを読む

職人が1つ1つ手作業で仕上げるモルタル造形。モルタル外壁は自由度が高く、おしゃれなデザインが施せるとして人気です。今回は、モルタル外壁の基礎知識として、モルタル壁の種類や特徴、モルタル外壁の

続きを読む

株式会社 ミヤビ ユニアローズ 住所:神奈川県相模原市南区北里2-20-28 TEL:042-707-0007/090-8039-9074‬(木下直通) 株式会社ミヤビユニアローズは、相模原

続きを読む