外壁塗装はいつ頃行うべき?具体的なタイミングについて解説!

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/25

住宅の外壁は、建物本体を美しくみせるだけでなく、家の中の快適な暮らしを守る重要な役割を果たしています。しかし、外壁は老朽化が進んでいくと塗装が剥がれてしまうもの。そのため、定期的なメンテナンスによって外壁塗装の状態を維持することが大切です。そこでこの記事では、外壁の塗り直しを実施すべきタイミングについて解説します。

外壁塗装を行うべきタイミング

家の外壁は、建物の美しさを保つだけでなく、断熱性や省エネ性能の向上などにも効果を発揮しています。しかし、家は完成した日をピークに、少しずつ老朽化が進んでいくもの。実際に、家が完成してすぐは気にならなかった箇所でも、年数が経つにつれて不具合やトラブルが生じることがあるでしょう。

そして、進んでいく老朽化に対し、できるだけ住宅の寿命を延ばすためには、こまめなメンテナンスが欠かせません。特に住宅の外壁のメンテナンスは、住宅の寿命を左右する要素の1つ。なぜなら、外壁塗装が老朽化することで、塗装が剥がれて本来の外壁の役割を失ってしまい、建物にダメージを与えてしまうからです。

そこで、一般的には10年に一度のタイミングで外壁の塗り直しが推奨されています。ただし、使用されている塗料や周辺環境によって外壁塗装の状態は異なります。そのため、年数だけでメンテナンスのタイミングを判断するのではなく、劣化のサインを見極めることが重要なのです。

たとえば、初期の劣化状態を表すものとして、外壁の色あせが挙げられます。そして、外壁に触れた際に白い粉が付着する状態のチョーキングと呼ばれる状態は、劣化が色あせよりも進んでいる証拠です。また、外壁の塗膜が剥がれている、外壁やシーリングのひび割れは、外壁の劣化が深刻な状態を指します。

さらに、ひび割れや塗膜の剥がれを放置してしまうと、雨水が家の構造部分に入り込み、カビや腐敗を発生させる原因になるでしょう。つまり、数十年メンテナンスを実施していない、外壁に劣化がみられるという場合は、できるだけ早く業者に相談することをおすすめします。

外壁塗装を行う季節ごとのメリット・デメリット

外壁塗装を行う際は気温が5℃以上、湿度が80%以上の条件をクリアしていれば施工が可能です。したがって、条件をクリアしていれば年中施工を行うことができるでしょう。

ただし、四季のある日本では、季節によってメリットやデメリットが存在します。たとえば、春は乾燥している日が多く、塗料が乾燥しやすい反面、雨の日が多いため施工期間が長くなりがちです。また、梅雨も雨の日が続けば施工日数が長くなってしまいます。

次に夏は、気温が高く塗料が乾きやすいことが利点ですが、暑さによって作業がスムーズに進まないことがあるでしょう。そして、外壁塗装に最も適しているのが秋です。秋は、晴れの日が多く空気が乾燥しているため、効率的に作業を進めていけます。ただし、台風が多いシーズンとなるため、台風が来てしまうと施工期間が長くなる可能性も。

最後に冬は、空気が乾燥していることから塗料が定着しやすいことがメリットだといえるでしょう。しかし、積雪や気温の影響によって、作業ができない場合もあります。

外壁塗装の寿命を延ばす方法

外壁の塗装を塗り直すためには、高額な費用がかかります。施工費用は、一般的な広さの住宅で80150万円の費用が相場となっています。数十年に一度高額な出費が発生してしまうため、本当に外壁塗装が必要なのか疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

また、建物の美しさを保つだけにお金をかける必要はないと考える方もいるでしょう。しかし、外壁塗装の役割は、家の美しさを保つだけでなく、住宅の寿命を長持ちさせたり、住居内を快適な空間に保ったりするための役割も果たしています

そして、外壁が老朽化しているにもかかわらず、そのまま放置してしまうと家に甚大なトラブルを発生させてしまう危険性があるのです。たとえば、外壁にヒビが入った状態で放置していると、住宅の中に雨水が侵入し、柱を腐敗させてしまう危険性があります。

また、家に大きなトラブルが発生すると、修理にも高額な費用がかかるでしょう。そこで、無駄な支出をなくすためにも、外壁塗装の状態を保つことが大切だといえるのです。そして、外壁塗装の寿命を長くするためには、劣化の状態を見極めて早めに塗り直しを行うことが大切です。また、劣化の状態を判断することが難しい場合は、定期的に業者に点検してもらうとよいでしょう。

 

外壁塗装のメンテナンスは、10年に一度の塗り直しが推奨されています。ただし、使用している塗料や気候。周辺環境によって老朽化のスピードが異なります。そこで、年数だけで判断するのではなく、劣化のサインを見極められるとよいでしょう。また、数十年メンテナンスをしていない、外壁が劣化していると感じる場合は、放置せずできるだけ早い段階で業者に相談することをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

定期的に行う外壁塗装ですが、塗装に関する予備知識や経験がない以上「イメージと違う」「ご近所と比べて浮いて見える」など、意外と失敗してしまう人が多いのが現実です。最も多い塗装の失敗は色選びに関

続きを読む

外壁塗装は定期的に必要なメンテナンスですが、決して安くはありません。およそ10年に一度工事を行いますが、一般的な二階建てで80~150万円もの費用が発生するといわれています。どうにかもっと、

続きを読む

株式会社鈴木塗装 住所:〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名4611-3 TEL:042-810-8360 電話受付:9:00~18:00 定休日:日曜日 いつまでも美しい外観を保

続きを読む

株式会社千葉総建 住所:〒252-0316 神奈川県相模原市南区双葉1-8 TEL:0120-72-1152 受付:9:00~18:00 定休日:年中無休 住宅の外壁塗装を行うことは、住宅の

続きを読む

株式会社首都圏ハウスメンテナンス 住所:相模原市中央区水郷田名3-26-25 TEL:042-761-0023 電話受付:9:00~17:00 外壁塗装は住宅の見た目が美しくなるだけでなく、

続きを読む

家は完成時点をピークに少しずつ老朽化が進んでしまいます。そして常に太陽の熱や雨、風にさらされている外壁塗装は、年々老朽化していくものです。そのため、外壁塗装は10年に一度のメンテナンスが推奨

続きを読む

住宅の外壁は、建物本体を美しくみせるだけでなく、家の中の快適な暮らしを守る重要な役割を果たしています。しかし、外壁は老朽化が進んでいくと塗装が剥がれてしまうもの。そのため、定期的なメンテナン

続きを読む

家の外壁は、建物を美しくするだけでなく、耐久性や省エネ性能の向上にも効果があります。ただし、太陽の熱や雨、風にさらされている外壁は、10年に一度を目安に塗り直す必要があります。しかし、塗料の

続きを読む

職人が1つ1つ手作業で仕上げるモルタル造形。モルタル外壁は自由度が高く、おしゃれなデザインが施せるとして人気です。今回は、モルタル外壁の基礎知識として、モルタル壁の種類や特徴、モルタル外壁の

続きを読む

株式会社 ミヤビ ユニアローズ 住所:神奈川県相模原市南区北里2-20-28 TEL:042-707-0007/090-8039-9074‬(木下直通) 株式会社ミヤビユニアローズは、相模原

続きを読む