外壁塗装の塗料はどのようなものがある?主な種類ごとの特徴を知ろう!

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/25

家の外壁は、建物を美しくするだけでなく、耐久性や省エネ性能の向上にも効果があります。ただし、太陽の熱や雨、風にさらされている外壁は、10年に一度を目安に塗り直す必要があります。しかし、塗料の種類が多すぎて、自宅に合うものが分からない方もいるでしょう。そこでこの記事では、外壁に使用される塗料の種類や特徴について紹介します。

外壁塗装の塗料の種類

家は完成した段階をピークに、少しずつ老朽化が進んでいます。完成当初は綺麗だった部分も、入居して時間が経つとあらゆる箇所が劣化したり、不具合が生じたりしてしまうものなのです。

そこで、住宅の寿命を向上させる手段の1つに、こまめな点検やメンテナンスの実施が挙げられます。メンテナンスが必要な箇所はさまざまですが、特に外壁は10年に一度を目安に塗り直しを実施するのがおすすめ

なぜなら、外壁は常に雨や風、太陽の熱によってダメージを受けているため、年数が経つにつれて塗料が剥がれてきてしまうからです。そこで、十数年メンテナンスを行っていない、塗料が剥がれてきているという場合は、なるべく早く業者に相談するようにしましょう。

そして、外壁塗装を検討している方が迷いがちなポイントとして、どの塗料を使用するか悩んでしまうという点が挙げられます。なぜなら、外壁に使用される塗料には主に6つの種類があり、自宅にどれが合うのか判断することが難しいからです。そこで、塗料選びではまずそれぞれの特徴について確認することをおすすめします。

もっとも安価なアクリル・ウレタン塗料は、施工費用を安く抑えられる分、耐久年数が短くなっています。また、シリコン塗料は、リーズナブルな価格で耐久年数が長めでバランスの取れた塗料です。

そして、そのほかの4種類は、単価が高くなる分、機能や耐久性が向上します。たとえば、フッ素塗料は高単価ですが耐久年数が長く、ピュアアクリル塗料は防水性に優れているという点が特徴です。

さらに、光触媒塗料は最も高単価ですが、太陽の光で汚れを落とすという特殊な機能を持っています。最後に、無機塗料は耐久年数が1520年でアクリル塗料よりも34倍の耐久年数があります。

外壁塗装の塗料を選ぶ際に確認するべきポイント

定期的なメンテナンスが欠かせない外壁ですが、塗りなおし施工には高額な費用がかかります。そのため、できるだけ施工費用を抑えようともっとも安い塗料を選択する方が一定数います。

しかし、塗料選びにおいて価格だけに注目することはおすすめできません。なぜなら、安価な塗料は耐久年数が短く、結果的に何度もメンテナンスを行うことになる場合があるからです。そこで、塗料選びでは耐用年数・価格・機能性の3つの要素において検討しましょう。

耐用年数とは、外壁の塗り直しを実施し、次にいつ塗り直さなければならないかを示す年数です。耐用年数が5年のものもあれば15年のものも存在し、年数が長くなると単価が向上する傾向にあります。

次に、塗料の単価を確認しましょう。たとえば、安価な塗料と高単価な塗料では、1平方mあたり4,000円ほどの価格差があります。そして、1坪あたり1.5万円の価格差が生じるため、30坪の住宅で考えると45万円の差があるのです。

最後に、機能性も確認しておきたいポイントですね。塗料のなかには、断熱性の高い塗料や光触媒塗料などが存在します。日々の暮らしの快適性を向上させるために、塗料の機能についてもチェックすることが重要です。

つまり、塗料選びでは、塗り直しにかかる費用だけでなく、耐用年数や機能性についても考慮し、総合的にバランスのよい塗料を選択するとよいでしょう。

外壁の色を決める際の注意点

外壁の色は住宅の印象を左右する重要な要素です。また、衣服やインテリアとは異なり、簡単に変更することができません。そこで、施工完了後に後悔することのないよう、慎重に色選びを行いましょう。

まず、トレンドや自分の好みだけで色を選択することはおすすめしません。トレンドの色は時間が経つと飽きてしまいやすいことと、自分の好みで色を選ぶと周囲の住宅とのバランスが悪くなってしまうことがあるからです。

外壁は流行りに左右されず、周囲の住宅に比べて浮いていないかチェックするようにしましょう。また、周囲の住宅とのバランスを考えることと同じように、家の建材とのバランスを考えることも欠かせません。

そのほかにも、サンプルで確認してイメージしている色と、実際に塗ってみたら印象が違うということが発生しやすいことも注意点の1つです。外壁の色は太陽のあたり具合や天気などによっても印象が変わります。そこで、大きめのサンプルを用意してもらうなどして、イメージとの相違が発生しないようにしましょう。

 

外壁の塗装に使用される塗料には多くの種類があります。高額な費用のかかるメンテナンスであるため、できるだけ費用を安く抑えようと考えがちですが、価格だけで塗料を選ぶことはおすすめしません。塗料選びでは、価格や機能性、耐用年数を確認し自宅に合ったものを選択するようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

新築の時はきれいだった外壁が、経年劣化で汚くなってしまうのは残念ながらよくあることです。ただ、汚れやカビを防止できるような外壁用塗料があれば、美しさが長持ちすると考えられます。今回は低汚染塗

続きを読む

大切な家を長持ちさせるために必要となってくる外壁塗装工事。劣化した塗料を塗り替えることで、外壁を紫外線や風雨から守ります。劣化したまま放置しておくと、家の骨組みである構造体の劣化や雨漏りにつ

続きを読む

住まいを長く維持するためには、適切なメンテナンスが必要です。傷んだ外壁を修繕し、塗装をし直す外壁塗装も、そのひとつです。外壁塗装をする際には、色と同時に、ツヤについても考えてみることをおすす

続きを読む

外壁塗装は、塗装できる家と、できない家があります。塗装できない家というのは、塗装では対応できない、塗装をする必要がないという意味です。 ここでは「塗装ができない」と業者から断られる家の例を説

続きを読む

外壁塗装はとにかく高額なので、「どうにかして安くならないだろうか?」と頭を悩ませている方は多いでしょう。しかし、外壁塗装は極端な値引きができる工事ではありませんし、安く済ませたいという気持ち

続きを読む

定期的に行う外壁塗装ですが、塗装に関する予備知識や経験がない以上「イメージと違う」「ご近所と比べて浮いて見える」など、意外と失敗してしまう人が多いのが現実です。最も多い塗装の失敗は色選びに関

続きを読む

外壁塗装は定期的に必要なメンテナンスですが、決して安くはありません。およそ10年に一度工事を行いますが、一般的な二階建てで80~150万円もの費用が発生するといわれています。どうにかもっと、

続きを読む

株式会社鈴木塗装 住所:〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名4611-3 TEL:042-810-8360 電話受付:9:00~18:00 定休日:日曜日 いつまでも美しい外観を保

続きを読む

株式会社千葉総建 住所:〒252-0316 神奈川県相模原市南区双葉1-8 TEL:0120-72-1152 受付:9:00~18:00 定休日:年中無休 住宅の外壁塗装を行うことは、住宅の

続きを読む

株式会社首都圏ハウスメンテナンス 住所:相模原市中央区水郷田名3-26-25 TEL:042-761-0023 電話受付:9:00~17:00 外壁塗装は住宅の見た目が美しくなるだけでなく、

続きを読む