外壁塗装ができない家ってどんな家?塗装が難しい住宅の特徴を紹介!

公開日:2022/06/15   最終更新日:2022/06/28

外壁塗装は、塗装できる家と、できない家があります。塗装できない家というのは、塗装では対応できない、塗装をする必要がないという意味です。

ここでは「塗装ができない」と業者から断られる家の例を説明します。「外壁塗装をお願いした方がよいのだろうか」と悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

築10年前後かつ耐久性の高いコーティングがされてる家

新築時に、外壁にフッ素や光触媒などの耐久性の高い塗料が使用されていて、築年数が10年前後の場合、現状塗装の必要なしという判断になり、塗装を断られる可能性があります。

新築の際に使用されるサイディングボードは、工場の生産段階で塗装が行われ出荷されています。この塗装では、工事金額を抑えるために、耐久性の低い塗料が使用されることが一般的ですが、施主の希望で、フッ素や無機など耐久性の高い塗料でコーティングできます。

このような耐久性の高い塗料を塗っている外壁は、築10年前後ではまだ塗膜が生きているため、塗装をしても新しい塗膜がすぐに剥がれる可能性があります。

そのため、耐久性の高い塗料で外壁がコーティングされている場合は、劣化状況や業者によっては、塗装の必要がないという判断になります。

サイディングボードが直貼りされている家

サイディングボードが直貼りの建物は塗装できません。塗装した場合は、塗膜が早期に剥がれてしまう可能性があります。そのため、新たな外壁材に張り替える施工が一般的になります。

サイディングボードの張り付けは、通気工法というサイディングと躯体との間に隙間を作り、空気の通り道を作る施工が一般的です。しかし、隙間を作らないで、そのままサイディングボードを張り付ける直貼りという工法も存在します。2000年4月以降に通気構法が周知されてきたので、2000年より以前に建てた建物の場合は、直貼り工法の可能性が高いです。

直貼りのサイディングボードに塗装した場合は、湿気や熱の逃げ道になる隙間がないので、塗膜は膨れあがり剥がれてしまう可能性があります。そのため、直貼りだと判断された場合には、塗装は基本的にはできません。

外壁の破損が深刻な状態の家

外壁のクラック(ひび割れ)が原因の雨漏りや、外壁に爆裂箇所などが見られる場合は、張り替えやカバー工法で施工します。

雨漏りや爆裂箇所の発生は、サイディングボードの中に問題があります。雨漏りは中の防水シートが原因なので、塗装でサイディングボードだけ直したとしても、またクラックが発生した場合は雨漏りが再発します。

また、爆裂の原因は、サイディングボード内部に溜まった水が内部で凍り、体積が大きくなることで発生します。そのため、外壁が原因の雨漏りや、爆裂箇所が見受けられる場合は、塗装ではまた再発する可能性が高いので、張り替えかカバー工法を行います。

20年以上一度も外壁塗装を行っていない家

築20年以上で一度も塗り替えの経験がない建物は、雨漏りや爆裂箇所がなくても、下地の劣化が激しい可能性があります。

その場合は、塗装ではなく、張り替えやカバー工法になります。劣化状況は、建物の立地条件などにもよるので、塗装でも対応できる可能性があります。

そのほか、外壁塗装ができないもしくは必要ない家

そのほかの場合として、塗装する素材自体に問題がある場合が考えられます。屋根材のパミールやレサスなど、塗装をしても素材自体の耐久性に問題がある場合は、塗装をせず葺き替えをします。塗装をしても、屋根材自体がもろく、割れてしまう可能性があるためです。

また、日本瓦を使用している場合も、塗装はできないといわれる可能性があります。なぜなら、日本瓦は基本的に塗装の必要はないからです。

塗装をする目的は、塗装で形成される塗膜で塗装物を保護することで、塗装物自体の寿命の速度を遅らせるためです。日本瓦の寿命は50年以上持つといわれているため、基本的に塗膜で保護をしなくても問題はありません。そのため、塗装の必要はありません。

人が入り込めないほど狭い場所も、塗装を行なうことはできないといわれるでしょう。職人が入り込めないほど幅が狭い場所は、塗装できません。体を入れることができれば塗装できますが、充分な可動域がないと、仕上がりにムラが生じる可能性があります。

そのため、狭い場所の塗装を依頼する場合は、高い品質が保証できないことを念頭に置いて依頼することをおすすめします。

 

外壁塗装ができないといわれる家の特徴について「築10年前後かつ耐久性の高いコーティングがされている家」「サイディングボードが直貼りされている家」「外壁の破損が深刻な状態の家」「20年以上一度も外壁塗装を行っていない家」「そのほか、外壁塗装ができないもしくは必要ない家」の5つに分けてご紹介しました。あなたの家が外壁塗装可能かどうかを判断する目安としていただければ幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

住まいを長く維持するためには、適切なメンテナンスが必要です。傷んだ外壁を修繕し、塗装をし直す外壁塗装も、そのひとつです。外壁塗装をする際には、色と同時に、ツヤについても考えてみることをおすす

続きを読む

外壁塗装は、塗装できる家と、できない家があります。塗装できない家というのは、塗装では対応できない、塗装をする必要がないという意味です。 ここでは「塗装ができない」と業者から断られる家の例を説

続きを読む

外壁塗装はとにかく高額なので、「どうにかして安くならないだろうか?」と頭を悩ませている方は多いでしょう。しかし、外壁塗装は極端な値引きができる工事ではありませんし、安く済ませたいという気持ち

続きを読む

定期的に行う外壁塗装ですが、塗装に関する予備知識や経験がない以上「イメージと違う」「ご近所と比べて浮いて見える」など、意外と失敗してしまう人が多いのが現実です。最も多い塗装の失敗は色選びに関

続きを読む

外壁塗装は定期的に必要なメンテナンスですが、決して安くはありません。およそ10年に一度工事を行いますが、一般的な二階建てで80~150万円もの費用が発生するといわれています。どうにかもっと、

続きを読む

株式会社鈴木塗装 住所:〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名4611-3 TEL:042-810-8360 電話受付:9:00~18:00 定休日:日曜日 いつまでも美しい外観を保

続きを読む

株式会社千葉総建 住所:〒252-0316 神奈川県相模原市南区双葉1-8 TEL:0120-72-1152 受付:9:00~18:00 定休日:年中無休 住宅の外壁塗装を行うことは、住宅の

続きを読む

株式会社首都圏ハウスメンテナンス 住所:相模原市中央区水郷田名3-26-25 TEL:042-761-0023 電話受付:9:00~17:00 外壁塗装は住宅の見た目が美しくなるだけでなく、

続きを読む

家は完成時点をピークに少しずつ老朽化が進んでしまいます。そして常に太陽の熱や雨、風にさらされている外壁塗装は、年々老朽化していくものです。そのため、外壁塗装は10年に一度のメンテナンスが推奨

続きを読む

住宅の外壁は、建物本体を美しくみせるだけでなく、家の中の快適な暮らしを守る重要な役割を果たしています。しかし、外壁は老朽化が進んでいくと塗装が剥がれてしまうもの。そのため、定期的なメンテナン

続きを読む